痛みはカラダからのSOSサイン!(神経の痛み/慢性の痛み)



不快な「痛み」という感覚はなぜ起こるのでしょうか。

 

「痛み」が起こるしくみ

 

身体が傷ついただけでは、「痛い」という感覚は起こりません。切り傷や火傷、打撲などにより身体が刺激を受けると、「身体が傷ついた」という情報が発生します。その情報は電気信号に変換され、神経を伝って脳に届きます。脳がその情報を認識して初めて、「痛い」と感じるのです。通常は、痛みの原因となったケガが治ると、痛みも消えていきます。

そもそも、「痛み」とは?

私たちは「痛み」を感じることで、身体に何らかの異常や異変が生じていることに気づきます。もし、「痛い」という感覚がなかったら、危険を察知したり、回避することができず、けがや病気を繰り返したり、命を落としてしまうかもしれません。

「痛み」は、「体温」、「呼吸」、「脈拍(心拍)」、「血圧」と並んで、私たちが生きていることを示す“サイン(バイタルサイン)”ともいわれています。私たちの身体や命を守る、「生命活動に必要なもの」なのです。

「必要な痛み」と「不要な痛み」

しかし、なかには「生命活動に必要ではない痛み」もあります。

必要以上に長く続く痛みや、原因がわからない痛みは、大きなストレスになったり、不眠やうつ病など、他の病気を引き起こすきっかけになる場合があります。

このような場合は「痛み」そのものが“病気”であり、治療が必要です。
 

痛みが慢性化するしくみ

 

急に痛くなり、短期間で収まる痛みは「急性の痛み」、1~3ヶ月以上と長く続く痛みを「慢性の痛み」といいます。「急性の痛み」は、その原因となるケガや病気が治れば消えていくものですが、痛みが生じたときに適切な治療をせずに、そのまま放っておくと、痛みが別の痛みを引き起こし、「慢性の痛み」に変わってしまう場合もあります。
通常は、「痛み」が生じても、交感神経の反応はすぐにおさまり、血行が改善されて、痛みが鎮まります。しかし、痛みが長びくと、血行の悪い状態が続いて「痛みを起こす物質」が多く発生するようになります。この「痛みを起こす物質」は血管を収縮させるため、さらに血行を悪化させ、また「痛みを起こす物質」が発生する、という悪循環を引き起こしていきます。 また、痛みが慢性化すると、痛みを引き起こした原因がなくなっても、痛みを取り去ることがなかなかできなくなります。さらに、痛みが続くことで痛みにばかり注意が向きがちになり、眠れなくなったり、不安や恐怖からうつ状態につながり、ますます痛みにとらわれて症状が重くなるという悪循環に陥ることもあります。

痛みは慢性化する前に、適切な治療を行って早期に原因を取り除くことが大切です。無理な我慢は禁物です。

このような慢性的な症状が起きて様々な不調に陥ったとしても、医療機関の治療とタカダ電子療法を併用して行えば、早く改善することができます。

 

 

では、 痛みはなぜ起こるのでしょう?

痛みには、種類があります。
なかなか取れないその痛み、神経の痛みかもしれません 。神経が障害されることで感じる「痛み」があります。 「痛み」には、その原因がはっきりわかるものと、わかりづらいものがあります。傷は治ったのに痛みだけが残る、病気をきっかけに長く痛みが続くなど、何らかの原因で神経が障害されて痛みが生じていることがあります。 このような痛みを、「神経障害性疼痛」といいます。
痛みの種類を見分けることは大変難しいことですが、以下のような症状がある場合は、神経障害性疼痛かもしれません。
神経障害性疼痛には、市販の鎮痛薬はほとんど効果がありません。また、医療機関を受診する際は、どのような痛みかを伝えることが大変重要です。 以下のような症状は、神経の痛みかもしれません。

 

痛みが長期間続く
しびれ感を伴う痛みを感じる
発作のように強い痛みが、短い間隔で襲ってくる
普段は何でもない程度の刺激に対して、強い痛みを感じる 少しの痛みが、とてもひどい痛みに感じる
強い針で刺したような痛みを感じる
電気が走るような痛みを感じる
感覚が鈍くなる、なくなる

「神経障害性疼痛」となる原因には、次のような場合があります。
帯状疱疹ヘルペスやHIVなどのウイルスの感染によって、神経が障害された
糖尿病などの代謝障害によって、神経が障害された
脊柱管狭窄やヘルニアによって神経根が圧迫/障害された
化学療法の副作用によって、神経が障害された
事故やケガなどで神経が切断された/障害された
がんの腫瘍によって神経が圧迫された がんの腫瘍が神経に広がった、など

 

  
「神経」って何?

神経は、頭の先からつま先まで、全身に行き渡っています。ひとことで「神経」といっても、役割は異なります。痛みの治療をより効果的にするために、神経のしくみを知ることも大切です。

神経には、脳や脊髄からなる「中枢神経系」と、そこから分かれて全身に拡がる「末梢神経系」という神経線維で構成されています。さらに、「末梢神経系」には、感覚や運動を司る「体性神経系」と、呼吸や循環を司る「自律神経系」があります。「神経障害性疼痛」とは、中枢神経または末梢神経が障害されることで、感覚神経や運動神経に影響を及ぼす痛みです。

これら神経系の痛みはマッサージや整体などで取り除くことはできません。神経のどこに異常が発生しているかを肉眼や手技で発見するなどということは到底不可能です。

このような場合は、神経の痛みが発見できる装置で正確に原因を調べることが重要です。そして治療は、電気信号を正しく変換するために電子を与えて上げることが肝要です。
どんな治療を行っても、まだ痛みが残っていると感じたら、タカダイオン・電子負荷療法を行ってみてください。
原因と因果関係があると思われる場所が判れば、治療により、必ず痛みは消失します。

 

 

本サイトに掲載されている画像・文章等、全ての内容は理研プロ ジェクト(株)及び一部は制作者に著作権があり、無断転載・引用を禁止します。本サイトの内容を転載・掲載する場合は、どのような形式を利用する場合でも 「お問い合わせメールフォーム」 にて届け出をお願いします。本サイトへのリンクを貼る場合においても、 「お問い合わせメールフォーム」 にて届け出をお願いします。