活性酸素と老化とタカダ電子

 

【活性酸素が老化と深くかかわっている】

活性酸素は、外から体内に侵入したり、体内でつくられたりして組織が破壊されるのは、周知のことと思います。 人間の細胞は時間とともに活性酸素によって、酸化されて次第に衰えて老化していくのです。

活性酸素は何かにくっつくと相手を酸化させ、その性質や機能を変えてしまいます。活性酸素が細胞膜にくっつくと、細胞膜に含まれるコレステロールを下げる働きをする不飽和脂肪酸を酸化させ、組織や細胞を破壊します。 タンパク質にくっつくとタンパク質の機能が変わり、遺伝子をつくっている核酸を変異させて、がん細胞などを発生させたりします。
また、老化色素といわれる過酸化脂質が血液中のリボタンパク質と結びついてできる「リポフスチン」をつくり、細胞の動きを鈍くします。リポフスチンは老人性のシミ、シワなどの原因になるだけでなく、脳や内臓にも付着します。 脳は他の臓器よりも脂質量が多く、不飽和脂肪酸を大量に含んでいるために酸化されやすいのです。
脳内の脂質が異常に酸化されると、アルツハイマー病を引き起こすことにもなりかねません。

老化現象は運動機能の低下、内臓の機能の低下、血管の衰えなど、さまざまなことが生じてきますが、それらの現象に活性酸素が深くかかわっていると考えられています。

私たちが活動するためには、食べ物を熱エネルギーに変える上で酸素は必要不可欠です。食べ物は消化され、養分は血液によって体の約60兆個の細胞に運ばれます。このときに細胞内ではエネルギーを蓄えた分子(アデノシン3リン酸)がつくられます。この過程の化学反応を行うために酸素が必要になるのです。

このように、生命を維持するために酸素は必要欠くべからざるものですが、酸素を利用する過程で必然的に活性酸素ができてしまいます。つまり、生命活動をしている以上は、活性酸素ができてしまうというわけです。  しかし、私たちの体はよくできていて、普通は酵素によって無毒化されます。
ですが、年齢とともにそれが追いつかなくなってくるのです。普通に生きて年齢を重ねるだけでも活性酸素はできるのですが、私たちの日常生活でもさらに活性酸素を発生させる要素はいろいろとあります。
たとえば、紫外線や大気汚染の影響、ストレスなどです。また、激しいスポーツをしたり、タバコを吸う人はさらに活性酸素の発生が多くなります。

呼吸をして酸素を取り入れれば、活性酸素は必ずできる
年をとると活性酸素を無毒化する機能が弱ってくる
ストレス、タバコなどが活性酸素を増やす

タカダイオン電子治療器が作り出すタカダ電子は、活性酸素を無害化します。病気の90%に関与すると言われている活性酸素を無害化することは、病気の予防はもちろんのこと、本来の免疫力の促進になることから、老化の防止に役立つと考えられています。

 

 

本サイトに掲載されている画像・文章等、全ての内容は理研プロ ジェクト(株)及び一部は制作者に著作権があり、無断転載・引用を禁止します。本サイトの内容を転載・掲載する場合は、どのような形式を利用する場合でも 「お問い合わせメールフォーム」 にて届け出をお願いします。本サイトへのリンクを貼る場合においても、 「お問い合わせメールフォーム」 にて届け出をお願いします。