癌の予防的効果

 

がんの治療法は一般的に以下の療法に大別されます。

 

(1) 手術 (2) 化学療法 (3) 放射線療法 (4) 免疫療法
(4)の免疫療法的なものが、電子負荷による電子負荷療法ですが、4番目に選択する療法ではありません。

 

 

電子負荷療法は、手術後の回復と再発の予防手段としての一面があり期待されます。
手術により、完全にがんが取りきれたと思っても、目に見えない小さいがんが残存もしくは、他の部位にすでに転移しているなどして、数年後に一定の確率で再発がおこります。手術後、この再発を未然に防ぐことが、がん治療をする上で非常に重要になってきます。
電子負荷療法は、手術後の再発予防を目的に行った場合に最もその力を発揮できる治療法であり、期待ができます。

 

 

がん細胞など、異常がある細胞を排除するのは免疫細胞です。抗がん剤は、がん細胞だけでなく、免疫細胞にもダメージを与えるため、抗がん剤によって弱ったがん細胞が残存することがあります。そこで免疫細胞を回復させるためにタカダ電子を補充します。
電子を補充することで、抗がん剤による免疫低下や速やかに回復させ、弱ったがん細胞を排除します。

 

 

放射線はがん細胞だけでなく、正常な細胞にもダメージを与えます。しかし、正常な細胞とがん細胞を比べるとダメージから回復するペースは正常細胞の方が早まります。その回復の差を利用して分割して放射線を当て、結果としてより大きなダメージをがん細胞に与えていくのが、放射線治療です。
しかし、放射線によりダメージを受けても生き残ったがん細胞が、しばらく経つとまた大きくなってくる場合があります。このダメージを受けて生き残ったがん細胞を最終的に殺傷するのが免疫細胞です。
タカダ電子負荷を毎日行うことにより免疫細胞を増やすことで効率よくがん細胞を排除する期待があります。

 

 

本サイトに掲載されている画像・文章等、全ての内容は理研プロ ジェクト(株)及び一部は制作者に著作権があり、無断転載・引用を禁止します。本サイトの内容を転載・掲載する場合は、どのような形式を利用する場合でも 「お問い合わせメールフォーム」 にて届け出をお願いします。本サイトへのリンクを貼る場合においても、 「お問い合わせメールフォーム」 にて届け出をお願いします。