タカダイオンの臨床データ

 


タカダイオン(タカダスタート)の臨床
《改善若しくは治癒した臨床例および臨床研究されているもの》



【消化器疾患との関係】
 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、

【外科的疾患との関係】
 褥瘡、骨折および靭帯損傷、膝関節炎、熱傷(火傷)、胃腸手術後の併用、深部治療との併用、むちうち症。

【皮膚疾患との関係】
 尋常性乾癬症、強皮症、皮膚の美容。

【脳・神経系との関係】
 自律神経症状との関係、脳神経との関係、大脳基底核との関係、脳幹・小脳・脊髄との関係、大脳皮質と感情中枢に関係した障害の改善、老人性痴呆と寝たきり防止への効果。

【感染症との関係】
 壊疸性リンパ節炎、慢性蓄膿症(慢性副鼻腔炎)、慢性中耳炎(真珠腫中耳炎)、感冒とインフルエンザ、慢性扁桃腺肥大、褥瘡における化膿、ヘルペスウイルス、ウイルス性肝炎、ピロリ菌の問題、性器クラミジア感染症、梅毒、糖尿病患者に併発した感染症

【アレルギー疾患との関係】
 アレルギー性胃腸症、蕁麻疹、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、気管支喘息、アトピー性皮膚炎と気管支喘息の考察、減感作療法との併用について

【腎炎との関係】
 溶蓮菌感染後性腎炎、糖尿病性腎症、腎動脈硬化性高血圧症。

【心臓・血管系疾患との関係】
 不整脈、心筋梗塞症、心不全。

【精神疾患との関係】
 躁うつ病、躁病、てんかん、うつ病、

【放射線障害に及ぼす電子負荷の効果】
 原爆被曝患者に与えた効果、動物実験による放射線障害に及ぼす電子負荷の効果、放射線照射によるリンパ球の染色体損傷に及ぼす効果、マウスに対する放射線LDに及ぼす電子負荷の効果、放射線治療に及ぼす電子負荷の併用効果、放射線障害に対する負電荷効果についての考察

【がんと電子負荷療法との関係】
 がん組織周囲に免疫細胞が集合すること、生活力(QOL)が向上すること。

【予防医学的効果】
 細胞の活性化作用、活性酵素の毒性防御、疲労の予防、老化予防、など。 タカダイオンには長年に亘る豊富な臨床データがあります。

 

本サイトに掲載されている画像・文章等、全ての内容は理研プロ ジェクト(株)及び一部は制作者に著作権があり、無断転載・引用を禁止します。本サイトの内容を転載・掲載する場合は、どのような形式を利用する場合でも 「お問い合わせメールフォーム」 にて届け出をお願いします。本サイトへのリンクを貼る場合においても、 「お問い合わせメールフォーム」 にて届け出をお願いします。