活 性 酸 素 の 働 き

                               

 『活性酸素』は、病気の90%以上に関与していると言われている

 

活性酸素とは、もともとは体にとって必要な物質です。体内に侵入した細菌やウイルスを撃退するために、白血球から放出されます。細菌、消毒としての役割があります。しかし、一方で体に悪影響を与えてしまう面もあります。

人間は、およそ細胞の外側にある細胞膜は不飽和脂肪酸という油で作られています。不飽和脂肪酸は、活性酸素と結びつくことで酸化して過酸化脂質となり、細胞が老化してしまいます。鉄が酸化してさびるのと同じように、体内でも活性酸素の影響によって酸化が生じ、体がさびてしまうのです。

 

活 性 酸 素 の 発 生 原 因

                             

活性酸素の活性ですが、まず体内に取り込まれた酸素が、赤血球により細胞へと運ばれ、脂肪や糖分を燃やしてエネルギーを発生させるのに使われます。その際、消費された酸素の約2%が活性酸素となります。

他にも紫外線や食品添加物、タバコなどが活性酸素の発生に関係があり、なかでもタバコは1本で100兆もの活性酸素を発生させると言われています。脂分の多い食生活も活性酸素の働きを活性化させてしまうので、とりすぎには注意が必要です。また、ストレスも要注意です。ストレスホルモンの一種コルチゾールは、免疫機能の重要な役割を担うNK細胞の機能を停止させてしまうだけでなく、その生成時には活性酸素も発生させてしまうのです。

 

活 性 酸 素 に よ る 体 へ の 影 響  

 

1.肝臓の機能が低下する

活性酸素はエネルギーの発生とともに生じるので、24時間活発に活動している肝臓では、他の部位に比べて活性酸素が発生しやすい環境にあると言えます。活性酸素の影響で肝臓が老化して機能が低下してくると、疲れやすくなったり、やる気がなくなったりなどの症状が出てきます。また、肝臓の機能が低下している時、病気によっては手術の予定が先送りになる場合があります。

2.シミやそばかすができやすくなる

活性酸素は紫外線でも発生します。紫外線により体内に活性酸素が発生すると、それを除去するようにメラニン色素が分泌されます。ということは、活性酸素が多いほどメラニン色素がたくさん分泌されて、しみやそばかすができやすくなります。

3.血管の詰まり

コレステロールと活性酸素が血管の詰まりを助長してしまいます。コレステロールは、細胞膜の材料として使われたり、筋肉を作るホルモンの材料であったり、また栄養分の消化吸収に働く胆汁酸のもとになるなど、体内で必要不可欠な成分です。コレステロールには、血液を循環してコレステロールを細胞まで運ぶ悪玉コレステロール (LDL)と、血液や細胞内にある余分なコレステロールを回収する善玉菌コレステロール(HDL)があります。

なぜ、LDLが悪玉といわれているかというと、LDL表面にある脂質が活性酸素と結びつくことで酸化して、酸化LDLになり、血管内に付着して、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの弊害をもたらしてしまうからです。コレステロールの多い食事、もしくは活性酸素の多くなる環境は、どちらも血管の健康にとってマイナスなことなのです。

 

活 性 酸 素 の 除 去

                              

活性酸素は、酸素に比べて反応が強く、普段は大変不安定な求電状態にあります。他の細胞から電子を奪うことで安定状態になります。電子が奪われることを「酸化」と言います。電 子を奪われた細胞は、活性酸素と同じようにその周りの細胞から電子を奪い、酸化がどんどん広がっていくのです。また、酸化された細胞は、本来の働きを担う ことができないので、広がりが進むとその器官の機能は低下していまいます。しかしながら、体にはこうした活性酸素を除去する働きもあります。

SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)カタラーゼ、グルタチオンなどの活性酸素除去酵素(スカベンジャー)の存在です。これら酵素の働きで本来は、体の中の余分な活性酸素が還元、消去されるのです。

ただし、この活性酸素除去酵素の生成は、20歳頃がピークと言われています。それ以降どんどんと生成量が減っていきます。40代になると半分ぐらいまで減少してしまいます。年齢とともに老化していくのは、活性酸素除去酵素の生成が少なくなってきて、体を活性酸素の老化から守れきれなくなってきていまうのが原因の一つと考えられます。

 

活 性 酸 素 を 消 去 す る タ カ ダ イ オ ン

電子により活性酸素が消去されるという実験は、臨床的には非常に意味のあるものです。

理由は、動脈硬化の1つの大きな原因が活性酸素であり、脳とか心臓の動脈硬化症を引き起こすからです。

ちなみに半身不随、脳出血あるいは心筋梗塞は死亡者の60%を占めていると言われています。

また、活性酸素は多くの神経性疾患の原因であるとも言われており、「タカダイオン」による電子負荷はそれらの疾病を治療することができるからです。

 

 

 

体 温 を 上 げ て 免 疫 力 ア ッ プ

 

自分の平熱を知っていますか?

健康な人の平熱は36.5~37.1度。実は今、36度以下という「低体温」の人が増えているのです。

「低体温」は免疫細胞と大きな関わりがあり、放置しておくと様々な病気やガンまでも発症してしまうことがあるそうです。

 

体温が1度下がると、免疫力は30%低くなる 

 

体温が上がると、血液の流れがよくなり、免疫力が高まります。

「タカダイオン」は血液の質を改善するので、療法を行うと、身体がポカポカするという感想を多く頂きます。全身の血流が改善されると身体が温まり、よく眠れるようになって、その眠りの質も改善されます。良質の睡眠をとることは、冷え・不眠・肩こりなどの改善につながります。このような症状がある方は、電子負荷療法を行うと良いでしょう。

 

  

免疫細胞

血液は、私たちの体を構成する約60兆個もの細胞に栄養と酸素を送り届け、かわりに老廃物を持ち帰る働きをしています。その血液の中に、免疫機能を持った白血球が存在し、その白血球が体の中を巡ることで、体の中の異物をパトロールしているのです。つまり、体温が下がると血流が悪くなり、免疫力も低下し、体内の異物を発見しても、素早く駆除してくれる白血球を集めにくくなり、ウイルスや細菌に負けて発病しやすくなってしまいます。

白血球は、外界からのウイルスや細菌だけでなく、がん細胞が体の中にできるたびに免疫細胞が攻撃して死滅させてくれています。

実は、健康な人でも癌細胞は、1日に5000個もできています。がん細胞の1つでも免疫という監視システムをかいくぐって生き残ると、1個が2個、2個が4 個、4個が8個と倍々に増えていき、やがては癌に姿を変えてしまうのです。                                     

健康を維持してくれる免疫力は、体温が1度下がるだけで30%も低下してしまうので、自分の平熱を知り、低体温を克服して、血流を良くしておくことも免疫力向上につながります。

 生活習慣を正して栄養のバランスの良い食事に変えても、なかなか体温を上げる難しさがあります。「タカダイオン」は、その足りない部分を補うように栄養の吸収を助けてくれるので、自分の生活スタイルにプラスして、自分に合った方法で体質を改善されることをお勧めいたします。歩くことだけでも筋肉が温まり、 体温上昇に役立ちます。習慣にできることを生活に取り入れましょう。

 

 

体温が上がると、こんなにいいことが!

基礎代謝が上がり太りにくくなる。

ストレスに強く病気になりにくい健康体になる。

新陳代謝が活発になり、細胞レベルからアンチエイジングになる。

 

 

 

 

 

本サイトに掲載されている画像・文章等、全ての内容は理研プロジェク ト及び一部は制作者に著作権があり、無断転載・引用を禁止します。本サイトの内容を転載・掲載する場合は、どのような形式を利用する場合でも「 お問い合わせメールフォーム」にて届け出をお願いします。本サイトへのリンクを貼る場合においても、「お問い合わせメールフォーム」にて届け出をお願いします。