1892(明治25)年 新潟市に生まれる。

1915(大正  4)年 東北帝国大学医学部を主席で卒業。

1921(大正10)年 ドイツ留学(膠質化学、放射線生物学を学ぶ)。

1922(大正11)年 医学博士号授与。

1923(大正12)年 帰国、関東大震災のしわ寄せで母国の教授が無期延期。

1924(大正13)年 東京小石川病院副院長、血清反応(世界的な肝機能検査法)を発見。

1927(昭和  2)年 バイエル会社日本支社学術顧問。

                           その間、兵庫県立医学専門学校研究指導。

1940(昭和15)年 血清絮数反応を確立し、対流圏放射線測定に成功。

             同時に負電荷負荷器(タカダイオン)を発明して臨床応用に乗り出す。

1946(昭和21)年 東邦大学医学部生化学教授。

1978(昭和23)年 3月4日、永眠。(大病を患うことなく眠るように大往生だった)享年86歳。

                           日本では無冠に終わったが、フォルシャ(研究家)として讃えられた。

                           日本人でアメリカアカデミー会員に推薦されたのは

                           博士がはじめてである1954年

 

高田蒔博士の主要業績

国際会議:

1925(大正14)年 極東熱帯国際会議で講演

1937(昭和12)年 9月 第2回国際胃腸学会(パリ)に日本代表の一員として出席

                   同年 9月 国際肝機能不全学会(ヴィン)において講演

             同年10月 ドイツ婦人科学会総会(ベルリン)において来賓講演

                                   (排卵日と月経について)

特別講演:

1937(昭和12)年 消化器学会(名古屋)

1938(昭和13)年 日本医学学会総会(京都)

著作:

1932(昭和  7)年 脳脊髄液診断学

1935(昭和10)年 血清高田反応(独文)

1935(昭和10)年 日独医学論文辞典

1943(昭和18)年 科学と倫理

1951(昭和26)年 結核の化学療法

1956(昭和31)年 老化防止の問題

 

1918(大正  7)年 広島市に生まれる

1936(昭和11)年 広高師附属中学校

1944(昭和19)年 京城大学医学部卒業

           同年 兵庫県立病院内科(高田蒔博士に師事)

1947(昭和22)年 東邦医科大学生化学講師(高田蒔博士に師事)

1948(昭和23)年 礼文島(北海道)における皆既日食を絮数反応による観測のため高田蒔教授に同行

1952(昭和27)年 非現業共済広島記念病院内科

1953(昭和28)年 広島・長崎原爆後遺症対策委員会委員

1956(昭和31)年 原爆障害研究会を設立(代表幹事)被爆者の受けた放射線量算定に

                           従事及び負電荷の研究を行う

1960(昭和35)年 医学博士

1962(昭和37)年 関東電気通信局健康管理所所長

1977(昭和52)年 電位療法研究会会長

1986(昭和61)年 健康医学研究所創設、学会発表とコンサルタントを行う

1987(昭和62)年 ブラジル放射能事故により同国原子力委員会の要請で1ヶ月間救援

1992(平成  4)年 ブリアント研究所(KKピーユーサービス所属)講師

2000(平成12)年 細胞改善療法学会を設立

2002(平成14)年 「電子負荷療法の実際とメカニズム-細胞改善序説-」

                           を出版(KKメソテス)、電子与えることを明確にした

2007(平成19)年 日本臨床抗老化医学会で講演(7月)、東京免疫医学研究会で講演(9月)

2008(平成20)年 医療法人 丹伎会 理事

2011(平成23)年 「電子負荷療法の理論」を出版

2013(平成25)年 5月 永眠。享年95歳。高田蒔博士と同じく

                           大往生にて人生の幕を降ろしました。
                           広藤道男博士も晩年に渡り大病を患うことなく

                           最後まで人生を全うしました。

 

 

本サイトに掲載されている画像・文章等、全ての内容は理研プロ ジェクト(株)及び一部は制作者に著作権があり、無断転載・引用を禁止します。本サイトの内容を転載・掲載する場合は、どのような形式を利用する場合でも 「お問い合わせメールフォーム」 にて届け出をお願いします。本サイトへのリンクを貼る場合においても、 「お問い合わせメールフォーム」 にて届け出をお願いします。